自分達らしい結婚式をあげるには

どんな挙式スタイルを選ぶ?

挙式スタイルには、教会などで行う洋風の「キリスト教式」、神社・仏閣などで行う和風の「神前式」「仏前式」、場所は比較的自由な「人前式」に大きく分けられます。
それぞれ衣装や式の流れなどが異なりますが、自分たちが希望するスタイルを決めて会場を選びましょう。キリスト教式や神前式、仏前式は基本的には教会や神社・仏閣で執り行うことが多いですが、神殿やチャペルを設けている結婚式場も多く見学会などに参加して雰囲気を確認してみても良いでしょう。自分達のオリジナルのスタイルを希望する場合は、レストランなどでの人前式であれば演出などもアレンジが可能です。
「自分達がどんな結婚式をイメージしているのか?」「洋風か伝統的な和風か?」「アットホームな雰囲気が良いのか?」などをあらかじめ決めてから、プランナーとの相談をすることをおすすめします。

結婚式場を選ぶコツは?

家族や親族、親しい人だけの少人数の結婚式は、自分達らしい式が挙げられるということで注目されています。アットホームで心温まる雰囲気の結婚式の会場は、挙式スタイルにもよりますが、神社などでは披露宴を開催できる会館があったりホテルなどと提携している場合もあります。結婚式場でも少人数のプランが用意されているので、ブライダルフェアなどに参加して相談してみても良いでしょう。またレストランや美術館など結婚式を行うことのできる施設も増えてきています。
少人数の結婚式はゲストへ心のこもったおもてなしができるのが大きな魅力です。招待状やメッセージを手作りしたり、引き出物や会場での料理を工夫できたり、自分達らしい演出をすることができます。

少人数のウェディングでのおすすめの挙式は海外ウェディングがおすすめです。少人数で友人や家族と旅行に来た感覚で行うことができ、ゲストにも喜ばれること間違いなしです。